本文へスキップ

ボツリヌス療法について

ボツリヌス療法を実施しています

当院ではボツリヌス療法(ボトックス)を実施しております。
    

診療申し込みについて

ボツリヌス療法は完全予約制となっておりますので、希望される方は、事前に問い合わせ窓口(地域連携室)、または担当医師にご相談下さい。

医師が患者さんの症状を判断した上で、別途ボツリヌス療法(痙縮外来にて実施)の治療日を決定します。

*初診当日には治療できませんのであらかじめご了承ください。


痙縮(手足の筋肉のつっぱり)について

     

脳卒中の後遺症としてみられる運動障害の一つに痙縮(けいしゅく)という症状があります。痙縮とは、意思とは関係なく筋肉の緊張が高まり、手や足が勝手につっぱったり曲がってしまったりしてしまう状態のことです。
     
痙縮では、手の指が握ったままで開きづらい(清潔にしにくい)、肘が曲がり伸びづらい(着替えなどしにくい)、足の先が足の裏側の方へ曲がってしまう(歩くと痛い、装具がつけにくい)などの症状がみられます。

痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限されてしまう拘縮(こうしゅく)という状態に陥り、ご本人やご家族の日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮を治療することによりリハビリテーション(ストレッチ含む)がしやすくなります。










痙縮の治療について

     

痙縮の治療には、内服薬、ボツリヌス療法、神経ブロック療法、外科的療法、バクロフェン髄注療法などがあります。実際、痙縮の程度や範囲、患者さんの希望などを考慮し、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて痙縮の治療を行います。

ボツリヌス療法について

     

ボツリヌス療法(ボトックス)とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質を有効成分とした注射剤を使った治療法です。緊張している筋肉に注射することで筋の緊張をやわらげる効果があります。

ボツリヌス菌そのものを注射するのではないため、ボツリヌス菌に感染する心配はありません。

    

ボツリヌス療法の効果について

     

ボツリヌス療法によって、次のような効果が期待できます。

1.手足の筋肉がやわらかくなり、曲げ伸ばしがしやすくなることで、日常生活動作の制限が軽減されます。
  (手を洗いやすくなる、装具がつけやすくなる、くつが履きやすくなる、など)
2.リハビリテーション(ストレッチ含む)を行いやすくなります。
3.関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます(拘縮予防)。
4.痛みをやわらげる効果が期待できます。
5.介助の負担を軽減することが期待できます。(着替えの補助、衛生ケアがしやすいなど)

      


ボツリヌス療法の進め方について

     

まずは診察をし、治療方針と目標を設定します。ボツリヌス療法の効果は、注射後2-3日目から徐々にあらわれ、通常3-4ヶ月間持続します。

その後、数週間で効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。ただし、治療効果や持続期間には個人差があるので、医師と相談をしながら治療計画を立てていきます。


    

ボツリヌス療法の副作用について

ボツリヌス療法を受けた後に、副作用として以下のような症状があらわれることがまれにあります。これらの症状は多くが一時的なものですが、症状があらわれた場合には、医師に相談してください。

1.注射部位が腫れる、赤くなる、痛みを感じる
2.体がだるく感じる、力が入りにくい


ボツリヌス療法の治療費について

当院で行う上肢・下肢痙縮の治療は保険が適応されます。通常1割〜3割負担で治療が受けられます。

注射を行う部位や、範囲によって費用が異なります。また公的支援制度の助成により、ご自身の負担が軽減出来ることもあります。詳しくお知りになりたい方は、お気軽に相談ください。


ボツリヌス療法を受けられる患者さん、ご家族の方へ

近年、テレビ等でも取り上げられることもある ボツリヌス療法ですが、一度注射を打っただけで動かなかった手足が急にもとどおりに動くようになるわけではありません。固くなった筋肉を柔らかくすることで、適切なリハビリテーションを行いやすくする補助的な治療です。リハビリテーションと併用することで十分な効果が期待できます。

しっかりとリハビリに取り組んでいる患者さんほどその効果は長く持続すると考えられます。治療の目標は医師と相談のうえ決めますが、大切なことは、『いま困っているどんな症状をどれくらいまで改善したいか』という具体的かつ現実的な目標を患者さんご自身が持ち、納得されていることです。また、本治療は医師の診断で適応とならない場合もございます。

痙縮について、こちらのサイトでも詳しく紹介しています。

脳卒中の後遺症