本文へスキップ

積極的治療から慢性期治療まで

病棟構成について

 当院は、患者様のご状態にあわせて最適な治療ができるように病棟機能が分かれております。積極的な治療が可能な一般病棟、長期療養が
可能な療養病棟を有しており、積極的治療終了後の療養、リハビリテーションの提供も可能です。(但し医師の判断によります。)


一般病棟

 一般病棟では、以下のような状態の患者様をお受け入れしております。

  • 急性期治療終了後、亜急性期治療の必要な患者様
  • 人工呼吸器管理が必要な患者様
  • 人工透析治療の必要な患者様
  • 蘇生後脳症等を起因とする重度意識障害患者様
  • 神経難病患者様
  • 在宅や施設入所中の患者様で、脱水や発熱、食欲不振等により短期間の入院治療を要する患者様
  • リハビリテーションをご希望とされる患者様
  • その他(上記に限らず、様々な疾患・ご状態にある患者様のご相談をお受けしております。
    詳しくは、地域連携部までお問合せください。)

療養病棟

 療養病棟では、以下のような状態の患者様をお受け入れしております。

  • 継続的な医療処置を要するため在宅や施設での療養生活が困難な患者様
    (気管切開術後、中心静脈栄養、特定疾患医療受給者証の交付を受けている患者様など)