本文へスキップ

内視鏡検査

内視鏡検査について

当院では「胃カメラ」とも呼ばれる胃の内視鏡検査及び、大腸の内視鏡検査を実施しております。

胃の内視鏡検査は、鼻から入れるスコープと、口から入れるスコープの2種類があります。
鼻から入れるスコープの方が細く、抵抗が少ないのが利点。口から入れるスコープの映像はハイビジョンなので、
より詳細な検査が可能です。
    

内視鏡カメラ 挿入部の先端 ペンよりも細い胃の内視鏡 志田勇人 理事長(消化器内視鏡専門医)

     

胃の内視鏡検査を受ける場合

胃の内視鏡検査は予約制となっています。事前に外来看護師までお問い合わせください。

大腸の内視鏡検査を受ける場合

大腸の内視鏡検査は予約制となっています。事前に外来看護師までお問い合わせください。

     

胃と大腸の内視鏡検査を同時に受ける場合

1日で胃と大腸の両方の内視鏡検査を行うことも可能です。
検査にかかる時間は両方で40分程度です。

内視鏡によるポリープ切除

内視鏡を用いたポリープの切除手術もおこなっています。
入院が必要なため、4階に内視鏡手術の患者様専用の個室をご用意しております。

    



    
内視鏡検査については
外来看護師までお問い合わせください


ナビゲーション