本文へスキップ

神経難病患者様の受入

神経難病について

 神経難病とは、神経に起こる病気でありその原因や治療法などが確立されていない病気を指します。代表的なものとして、筋委縮性側索硬化症や 脊髄小脳変性症、多発性硬化症、パーキンソン病、多系統萎縮症、重症筋無力症などがあります。
 症状の進行に従い、移動・食事・排泄・呼吸・コミュニケーションや思考、認知など様々な機能に支障をきたし、長期に及ぶ療養生活が余儀なく される場合もあります。
 厚生労働省の指定難病には多くの神経内科疾患が含まれており、公的支援の対象になっている疾患も少なくありません。


当院でお受け入れできる神経難病患者様

 当院では、地域基幹病院や各相談機関と連携を図りながら広く道内全域より入院や転院に関わるご相談をお受付しております。

  • 気管切開や人工呼吸器管理等が必要となり、在宅や施設での療養生活が難しい患者様
  • リハビリテーションを希望される患者様
  • レスパイトでの入院を希望される患者様

当院で行っているリハビリテーション

 理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が在籍しており、患者様のご状態に応じたリハビリテーションを提供させていただいております。
 ADLの獲得を目指した起立・歩行訓練から、身体機能や生活目的に応じた車椅子の作成、伝の心・レッツチャットといった重度意思伝達装置の導入から 活用の支援、さらには嚥下造影検査(VE)をはじめとする評価から摂食機能訓練まで、医師の指示のもとご状態や生活目標に合わせたリハビリテーションを 実施しております。