当院についてABOUT

理事長・院長ご挨拶

理事長・院長ご挨拶

GREETING

優しい医療


医療法人 北志会 札幌ライラック病院
理事長 志田 勇人

当院は札幌市豊平区において、地域に根ざした医療機関を目指し日々努力してまいりました。
社会の多様化に伴い医療における環境も大きく変化してきております。現代はスピード優先、効率重視の考えに重きを置く風潮ではありますが、まずは地に足をつけ焦らず、たゆまずを心して地域の皆さまとともに歩んでまいりたいと思っております。
「医は仁術なり」と申します。まさしく医療は人対人であり医療の根幹にあるのは人を思いやる心、優しい気持ちではないかと考えております。どんなに医療技術が進歩し、取り巻く環境か変わろうとも当院はその気持ちを忘れずにこれからも皆さまの幸せと生きがい に役立つ病院として励んでまいる所存でございますので何卒宜しくお願いいたします。

患者様のニーズに合わせた医療


医療法人 北志会 札幌ライラック病院
院長 本庄 恭補

日頃は当院の診療に関しご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。
当院は200名超の職員が日々、外来・病棟・在宅支援とあらゆるチャンネルでのワンストップサ-ビスをこころがけ医療に携わっております。
患者さまのニ-ズは年々多様化しております。私たちは医療と言うサ-ビスを提供していると考え、いかに患者さまのニ-ズにお答えしていくか、日々自問自答を繰り返しながら業務にあたっております。 今後は人工呼吸器患者さまの受け入れはもちろん、消化器内科の充実さらには糖尿病外来の開設などを通じ地域医療に幾許かの貢献ができればと考えております。 また、(財)日本医療機能評価機構認定病院として認定されたことにより「質」の向上はもちろんですが、当院への転院検討時の参考になれば幸いでございます。 これからも「自分や家族が受けたい医療やサ-ビス」を私たちは提供しているのか、顧みながら日々の治療にあたってまいる所存でございますので何とぞ宜しくお願い申し上げます。

当院の医師については、
こちらでご紹介しております

病院理念

PHILOSOPHY
基本理念

私たちは、地域における病院使命を果たすうえで、
「安心・信頼・満足」を目指し、より良い医療サービス実践のため日々研鑽します。

基本方針

患者さまの生命を尊重し、人間としての尊厳及び権利を尊重します。

専門の医療を提供し、安心して療養に専念できる環境を整備します。

職員は、責任と誇りを持ち、日々学習し、専門職としての使命を果たします。

職種・職域を超えたチーム医療を目指します。

病院概要

OVERVIEW

当院の
施設基準について

FACILITY STANDARD

医療保険適用病棟:2A病棟(42床)・2B病棟(48床)・3病棟(41床)・4病棟(36床)

2A 2B 3 4 適合基準名 内   容
障害者施設等入院基本料
(10:1)
日常動作に障害のある患者様・難病等の患者様に対してどの時間帯に於いても、看護師(7割以上正看護師)1人当たりの受け持ち患者数が10人以内になるような職員配置しております。
特殊疾患入院施設管理加算 日常動作に障害のある患者様・難病等の患者様に対してどの時間帯に於いても、
患者様10人対して1人以上の看護師及び介護職員を配置しております。
療養環境加算 入院患者様1人につき8㎡以上の病室を有しております。
療養病棟入院基本料 どの時間帯に於いても、看護師(2割以上正看護師)1人当たりの受け持ち患者数が20人以内、介護職員1人当たりの受け持ち患者数が20人以内になるよう職員配置をしております。
療養病棟療養環境加算1 入院患者様1人につき6.4㎡以上の病室・1㎡以上の食堂・16㎡病棟床面積、幅1.8m以上の廊下、床面積40㎡以上の機能訓練室、身体の不自由な患者様の利用に適した浴室を有しております。
運動器
リハビリテーション料(Ⅰ)
専任の常勤医師を1名・専従の理学療法士又は作業療法士を合わせて4名以上配置、専用の施設・設備を有し、個々の症状に応じて機能回復を図るため、より効果的なリハビリテーションを行っております。
脳血管疾患等
リハビリテーション料(Ⅱ)
専任の常勤医師を1名・専従の理学療法士1名かつ作業療法士1名かつ言語聴覚士1名を含む4名以上配置、専用の施設・設備を有し、個々の症状に応じて機能回復を図るため、より効果的なリハビリテーションを行っております。
呼吸器
リハビリテーション料(Ⅰ)
専任の常勤医師を1名・専従の理学療法士1名を含む常勤理学療法士又は常勤作業療法士を合わせて2名以上配置、専用の施設・設備を有し、個々の症状に応じて機能回復を図っております。
廃用症候群
リハビリテーション料(Ⅱ)
廃用症候群の患者様であって、一定程度以上の基本動作能力、応用動作能力、言語聴覚能力及び日常生活能力の低下を来している患者様に対して個別療法のリハビリテーションを行っております。
入院時食事療養費1
入院時生活療養費1
管理栄養士によって管理された食事を適時・適温で提供しております。また予め定められた日の一部の献立については、選択メニューのサービスも行っております。
※このサービスによって特別な費用の負担はございません。
後発医薬品使用体制加算1 薬剤部門において後発医薬品の品質、安全性、安定供給体制等の情報を収集・評価し、その結果を踏まえて薬事委員会で後発医薬品の採用を決定する体制になっております。
神経学的検査 神経学的検査に関する所定の研修を終了した脳神経内科を担当する医師が1名以上配置しています。
医療機器安全管理料1 医療安全管理を行う部門を設置しており、医療機器安全管理に係る常勤の臨床工学技士が1名以上配置しています。また、従業者に対する医療機器の安全使用のための研修を行っています。
麻酔管理料(Ⅰ) 麻酔科を標榜している医療機関であり、常勤の麻酔に従事する医師が1名以上配置しています。また、常勤の麻酔科標榜医により、麻酔の安全管理体制が確保しています。
薬剤管理指導料 薬剤師を2名以上配置するとともに、医薬品情報の収集及び伝達を行うための専用施設を有し、選任薬剤師を1名以上配置して適切な薬学的管理及び薬剤師による服薬指導を行っております。
院内感染防止対策 院内感染対策委員会を設置し、各室の入口には速乾式消毒液を設置しております。
院内医療安全対策 院内医療安全委員会を設置し、医療に係る安全対策を検討・実施しております。
CT撮影の施設基準に
係る届出
大腸CT撮影加算
16列以上64列未満のマルチスライス型の機器によるCT撮影を行っております。
また、大腸CT撮影も行っております。
患者サポート体制充実加算 患者様又はそのご家族からの疾病に関する医学的な質問並びに生活上及び入院上の不安等様々な相談に対応する窓口を設置しています。
感染防止体制加算2 院内感染防止対策を行った上で、更に院内に感染制御のチームを設置し、院内感染状況、抗菌薬の適正使用を把握し、職員の感染防止等を行っています。
胃瘻造設術
(内視鏡下胃瘻造設術を
含む)
胃瘻造設術件数が1年間に50件未満であり、高い割合で経口摂取可能な状態に回復させる体制を整えております。
胃瘻造設時嚥下機能評価加算 胃瘻造設前に、嚥下造影又は内視鏡下嚥下機能検査を実施し、胃瘻造設の必要性、今後の摂食機能療法の必要性及び方法、胃瘻抜去又は閉鎖の可能性等について評価します。
医療安全対策加算1 医療安全対策に係る研修を受けた専従の看護師等を配置し、医療安全対策を実施する体制等を整えております。
人工腎臓
(慢性維持透析を行った
場合1)
透析用監視装置の台数が26台未満であり、透析用監視装置1台当たりの透析実施患者割合は3.5未満です。また、透析機器安全管理委員会を設置し、透析機器の安全管理対策を検討・実施しております。
人工腎臓の透析液水質
確保加算
月1回以上水質検査を実施し、関連学会から示されている基準を満たした血液透析濾過用の置換液を作成し、使用しております。
人工腎臓の
下肢抹消動脈疾患指導管理加算
人工透析を実施している患者様に係る下肢末梢動脈疾患の重症度等を評価し、療養上必要な指導管理を行っています。また、下肢疾患の専門的な治療体制を有している札幌東徳洲会病院と提携しております。
「第14の2」の1の(1)に規程する在宅支援病院
患者様が住み慣れた地域で安心して療養生活を送れるよう、24時間往診や訪問看護の提供が可能な体制を確保し、緊急時に在宅で療養を行っている患者様が直ちに入院できます。
附属関連事業
◎附属事業/
札幌ライラック病院居宅介護支援事業所 通所リハビリテーション(デイケア)
訪問リハビリテーション
◎関連事業/
訪問看護ステーションらいらっく

取り組みOUR COMMITMENT

びょういん
あーとぷろじぇくと


病院を安心とやすらぎを共有できる癒しの空間に…
美術家の方々の温かな思いが込められたアート作品を院内に展示しています。

『びょういんあーとぷろじぇくと』は、病院にアートがあることで、病院に関わる多くの方に安らぎや心のゆとりを持って過ごしていただきたいと願い行ってきた活動です。最初は2008年秋、障がいや病を抱えた人たちのアート作品を札幌ライラック病院の待合室に展示する企画として始まりました。

やさしさやあたたかさに溢れ、そこから発せられる美しさ、繊細さを感じさせる作品は、見る人に、希望や勇気を与えるほどの力を持っています。そして、また、病院を始めとする治癒の場で、アートという、作ることも生きることであるような営みは、自分をみつめるという必然を通し、時に、お互いの緊張をときほぐすように柔かく私たちに働きかけてくれるのではないでしょうか。

2013年からは、活動に興味をもち、賛同する美術家が参加するようになり、作品 や展示は、より芸術性を高めた内容に変化。これまでに、アート作品設置の他、コンサート、ダンス、ワークショップ等、毎年、分野と内容を更新しながら、活動を継続してきています。
現在、当プロジェクトは、14回目を迎え、新たな企画として2019年夏から2021年冬までの約3年をかけて、医療の場を、こころの通った、温もりの感じられる人間らしい空間に近づけようと、美術家による5回の展覧会とイベントを開催中です。

アートの‘こころに働きかける力’を共有し、医療・福祉の場にアートがあるとはどういうことなのか、あらためて、皆さまと一緒に考えさせていただければ幸いです。

日野間 尋子

びょういんあーと
ぷろじぇくと代表

日野間 尋子

糖尿病教室

地域の方々の健康増進及び、糖尿病患者様に限らず、多くの方に糖尿病に関する理解を深めてもらう目的で、平成25年より糖尿病専門医である本庄院長を中心に、糖尿病教室を開始いたしました。

プログラム内容
  • 本庄院長による糖尿病疾患全般についての講義
  • 薬剤師による薬剤療法や薬の説明
  • 栄養士による栄養指導や献立アドバイスなど
  • 理学療法士による運動療法の解説や運動実技指導など
  • 看護師による健康指導や生活に関するアドバイスなど
  • 検査技師による検査の実態やデータの見方など
  • その他、血糖測定、健康体操を毎回実施
  • 歯科、眼科、皮膚科の先生など、幅広い診療科の先生による
    講義を不定期開催
健康ランチコース体験会

糖尿病などで食事制限がある方でも外食が可能で、コース料理であっても楽しむことができると知ってもらい、美味しく贅沢で健康的な食事を知っていただく企画です。

地域交流


当院では地域貢献の一環として、近隣の中・高生を対象とした職業体験の受け入れや、医療・福祉にかかわる出前講話、健康増進・介護予防を目的とした健康教室等での運動指導を行っております。職業体験:病院内で働く多種多様な職種や業務・役割を実際の現場で体験・見学して頂き、患者様と触れ合うことで、将来のイメージを創造するお手伝いができるのではないかと実施しております。出前講話・健康教室:近隣の町内会や老人クラブ、介護予防センター等からのご依頼に対して、テーマに即した専門職が対応させていただきます。

事業継続計画(BCP)


突然の災害や事故、想定外のことが日々起きております。
当院では、そのような不測の事態が発生した場合においても安定した医療を提供するため、BCPに取り組んでおります。

基本方針
  • 必要な医療の継続及び救護活動を実施し、入院患者や傷病者の命を守る。
  • 災害・事故の発生の可能性及び発生した際の影響を事前の対策によって最小化し、患者・職員の人命を守る。
  • 組織・経営としての継続性を担保し、地域に信頼される医療機関、また職員にとって働き甲斐のある職場であり続ける。
具体的な被害想定

東日本大震災クラスの地震。震度6強を想定

具体的な取り組み
方針決定と対応
  • 災害対策本部設置
  • 対応方針の決定と対応
情報収集
  • 職員、患者の安否確認
  • 院内の施設、設備点検
  • 災害の情報収集
  • 外部との連携
  • 要員確保
  • 対応要員の拠点確保
資源の確保等
  • 医薬品等の確保
  • 患者情報の確保
  • 省資源対策
  • トイレ、廃棄物対策
院内の現状の備え
  • 人員数/約250名
  • 代替診療スペース/あり 約11床
  • 食料備蓄品/飲料水、非常食ともに入院患者様、職員用 3日分備蓄あり
  • 医薬品/入院患者 3日分備蓄あり
  • 電気/自家発電機あり、備蓄燃料 560ℓ、稼働可能時間28時間
  • 医療機器/人工呼吸器など医療機器は自家発電機接続のため稼働可能
  • 重症患者への対応/DMATと連携し、市内医療機関へ搬送も可能
震災時の対応実績
2018年発生北海道胆振東部地震発生時の対応
地震発生直後
職員参集開始。患者安否確認、院内設備安全確認、職員安否確認、職員招集連絡実施。
災害対策本部設置。
1日目
自家発電機継続稼働のため、燃料確保に動く。
北海道、札幌市へ燃料提供要請。
電力会社へ電力復旧要請。
入院患者のケア継続。
院内損壊箇所復旧作業。
2日目
自家発電機継続稼働のため燃料確保継続。
透析患者転院トリアージ開始、DMATへ救援要請。
その後電力復旧。
以上、停電発生からおよそ30時間後の電力復旧までの災害時対応となった。